お知らせ

「家族」って?(ホスピタリティ考1)


“家族のような”って言ったって、この多様化した時代にみんなピンと来ないんじゃないか。
たしかに、そう思います。
でも、店に集うお客様、いっしょに働く仲間のことを考えて、どういう会社、店にしようか、と考えた末に行き着いたのがやっぱり「家族」という言葉でした。
ピリケンでは「家族」を次のように定義しています。
ホスピタリティの原点がその定義の中にある気がしたのです。
.
家族=関係をあきらめない人達の集まり
.
関係をあきらめないとはどういうことでしょう?
私はこう考えました→「家族はどんなことがあってもずっと家族でしょう」
/優秀じゃないから家族から外す
/言うこと聞かないから家族から外す
/すぐさぼるから家族から外す
こんなこと家族に対して考えないでしょう。
でも会社や店ではよくあることじゃないですか?
これをやめようと思ったのです。
.
挨拶ひとつできないなんて使い物にならないから× じゃなくて、
「ここで働いたらこの子はきっと挨拶できるようになる」こうイメージしたいです。
.
.
「常務さぁ、ボランティアじゃないんだから」という声が聞こえてきますが、、
〜それでは、次回は”ボランティア”について考えてみましょう。
.

投稿日:2014年04月24日  カテゴリ:100万人笑顔プロジェクトの参加者募集!,お知らせ

トップページへ