お知らせ

感謝祭=原点


ピリケングループでは、毎年3回 『感謝祭』と称して”お客様に還元フェアー”を実施しています。
(只今実施中 1/27〜2/1)
.
期間中、向こう1ヶ月間グループ全店で使える金券(まとめて何枚も使用可能)を全員にプレゼントするのですが、
お召し上がり金額の半額をお渡ししております。
.
「いつもありがとうございます」と「またお待ちしています」
シンプルに、この2つの心 を お客様に直接手渡すコミュニケーションの方法 だと考えています。
.
.
今回で57回目を迎え、毎回お客様の笑顔が増えています。
私も含めピリケングループで働くすべての人々がこの期に
「誰のために働いているのか」を再確認するとても大切なイベントです。
一同、皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。

投稿日:2014年01月31日  カテゴリ:お知らせ

ピリケングループ感謝祭スタート!


皆様、おはようございます。ピリケン本店の山本です。
福井の冬とは思えない爽やかな朝ですね。
寒いながらも気持ちも晴れ晴れとしてきます。

さて、ピリケングループでは本日1月27日より
2月1日まで、感謝祭を開催いたします。
期間中お召し上がり金額の半額を、割引券にて
お返しいたします。
割引券はグループ全店で、しかも一度に何枚でも
ご利用いただけます。

この機会にぜひ、ピリケングループで楽しい
お食事の時間をお過ごしいただきますよう、
皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちいたしております。

※宴会(2,000円以上のコース料理)は対象外です。
※割引券有効期間:平成26年2月2日~平成26年3月2日

投稿日:2014年01月27日  カテゴリ:お い し い 情 報,お知らせ

めん房つるつる の大新年会


1月23日 
弊社めん房つるつる の社員さん、パートさん、そのお子さん。
皆様健康でお揃いで、大新年会が開催されました!
.
店長の皆さんの今年の抱負の発表や、ストッキング相撲トーナメント、ビンゴゲーム(商品20個!)
ほんとに笑顔いっぱいで、あらためて、この笑顔のために会社はあるんだなあ と思いを強くいたしました。
.
「働く仲間の笑顔」このパワーが「お客様の笑顔」をつくる
.
笑顔は個人の心の奥底から湧き出るようにあふれてきて、周りに波紋のように広がっていくものです。
ピリケンはその泉の源泉でありたいと願っています。
.
.
実行委員の皆様、会場のピリケン本店の皆様、ご参加の皆様
ありがとうございました!
僕はほんとに嬉しかったです。いい時間でした。
今年も1年、笑顔が増える会社、店づくり、ここに一所懸命がんばります。

投稿日:2014年01月24日  カテゴリ:お知らせ

うれしい!うれしい!うれしい!


今日は、ある店長さんの誕生日で、店のスタッフからこんなサプライズプレゼントがあったようです。
.
「プレゼント」というのはもらう方ももちろん、あげる方もとっても嬉しいものです。
これって、我々のようなサービス業の根本思想だなあ と思わせられます。
.
店長おめでとう! 
スタッフの皆さんありがとう!!
そして、こんな素敵なスタッフの集まる店をつくってくれてありがとう!!!
結局私が一番喜んでます!ありがとう!
.

投稿日:2014年01月18日  カテゴリ:お知らせ

ありがとう


昔、祖父に、おまえが生涯で「”ありがとう”と発した数」と「”ありがとう”って言われる数」は 同じ だと教えてもらいました。
.
こういうのって証明のしようがありません。ですがこういうライフデザインは素敵だなあと思います。
昔の人の言うことには、こういうハイセンスな行動指針がいっぱいです。

投稿日:2014年01月17日  カテゴリ:お知らせ

リラックス考


年末、年明け、連休、と。バタバタしてまして、ようやく今日はホッと一息してまして、訪れた「緊張の緩和」
脳みそは、この瞬間に閃きます。
このリラクゼーションタイムに訪れる“閃き”の為に、忙しい日々があるのかもしれません。

投稿日:2014年01月14日  カテゴリ:お知らせ

朝ごはんが甘くないって日本だけ?


社会基盤 って言いますと、公共工事の話などが真っ先に出てきますが、ほんとの社会基盤は「食生活」だと思います。
特に”朝ごはん”じゃないかと思うんです。
.
いろいろ考える余地がありますし、わが社でできることは何かなあ と考えています。

投稿日:2014年01月13日  カテゴリ:お知らせ

シンプル思考


シンプル思考    今日はこれを考える日でした。
.

シンプルに物事を観れている時、複雑な事柄はその思考の蚊帳の外 ではなくて、その思考の内側にしっかり整頓されて収まっているものです。
ニュートンの運動方程式(ma=F)で、自然界の複雑な運動をほとんどすべて表すことができるようにです。
.
さて、
アルバイトさんに長く勤めてもらうにはどうしたらいいでしょう。という問いは、今も昔も我々の商売にはよく出現するテーマです。
ここでこの複雑な問題を、シンプルに考えてみましょう。
.
アルバイトさんは、高校生もいれば、大学生もいれば、フリーターもいれば、やる気のある人もいれば、ない人もいて、男の人、女の人、家が近い人、遠い人、仕事がよくできる人、あんまりできない人、様々です。
まずこれを一つにまとめます。  
共通項を探します。(←これがシンプル思考)
.
身も蓋もないですが「人間」と設定してみましょう(設定)
設定したら、この「人間」が長く勤めるようになるにはどうしたらいいかを考えます。

人間は他者から認められて自分のことを自覚できる動物です。そして自分という存在感を自覚できる場所にとどまる習性があります(観察)

次に「自分の存在感」それが如実に感じられる行為を考えます。いろいろありましょうが「仲間と会話をする」にしましょうか(作戦)
.
とするなら、この「仲間と会話をする」この行為が、増えれば増えるほど自分の存在感を自覚して、その場にとどまることになりそうです。
式にしてみましょう。
.
[話す時間]×[話す仲間の数]=[自分自身の存在感]
これを高める施策を施せばアルバイトさんは辞めにくくなります。
定着率が改善しない時は、(設定)が大きすぎるか、(観察)が間違っているか、(作戦)が的外れか、です。
.
シンプルに考えて、導いた作戦を実行してみる。
マネジメントの面白さはここにあると思います。

投稿日:2014年01月12日  カテゴリ:お知らせ

笑顔を増やす店を目指す


わが社の戦略は? 今日はそういうテーマを考え直す日でした。
.
戦略というと、戦う相手がいて、いかに勝つかの仕組みだと思うのですが、
飲食店の場合、戦う相手は実はいないと思います。
「食」の豊かな日本ですから、いろんな選択肢の中で多様な食生活が営まれ、その中で、わが社のレストランもその選択肢の中に入っていてほしいと願うばかりです。地域のレストランすべてが 同士 であってお客様の笑顔をつくる仕事に力を合わせているイメージを持っています。「戦う相手はいない」と言うのはそういう理由です。
.
今日のような、こんな雪の中でもご来店くださるお客様。
このお客様を「笑顔にする」
このことに集中すること。
.
わが社でやりたいことは、この一点です。

投稿日:2014年01月10日  カテゴリ:お知らせ
1 / 212

トップページへ